ビステッカ 

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナには、厚さは約5センチから6センチ、重さは800グラムから1500グラムの雌牛の肩ロース肉を使います。

このお料理の起源はメディチ家にまでさかのぼると言われており、聖ロレンツォの日(8月10日)のお祝いで大きなかがり火を焚き、そこで大きなお肉の塊を焼き、庶民に振舞われていたことから広がったといわれています。

最高のビステッカ・アッラ・フィオレンティーナにはこだわりがあり、よく寝かしたお肉を使い、炭火に使う木炭はオークかオリーブだけ、焼くときにひっくり返すのは一度だけ、焼く前には塩などの味付けはしない、焼き上がりに塩と粗引き胡椒を振り掛けるのが特徴です。

さらにおいしいビステッカを作るにはキアナ牛かマレンマの牛を使い、美味しいキャンティ・クラッシコと合わせていただきます。

 




facebook twitter flickr foursquare
socialized by DUUNBAR

Firenze - via Panzani 35/r - via del Giglio 11/r tel. +39 055211795 fax +39 055283739 email info@ristorantegigliorosso.com created by essedicom